政策

◇行政改革

〇市川市は不交付団体ですから財源は豊かですが、行政コストが高いため経常収支比率が高い自治体です。行政効率を改善させながら行政コストを削減すれば、市民の皆様に負担を強いらなくても行政サービスを充実させる事は可能です。


〇行政のムリやムダを無くすことで、ムラのない行政サービスを展開することが必要です。民間の経営感覚を取り入れ、行政運営から行政経営への転換を図る。