停滞

景気回復はしていないことは国税庁の出している国民の平均所得が10年前よりも平均所得が下がっていることから明らかだ
こんな状況で消費税率を上げたら確実に国内景気は悪化するのに、なんで財務相は消費税率を上げたがるのだろう
消費税率を上げても国内景気が低迷すれば税収が総額で必ず増えるとは限らない
今の日本に一番重要なことは、国民の所得を増やすことだと思う

大企業はお金をため込んだり株主に多額の配当を出す前に、社員や社会に還元することを優先するべきだと考えます


みんなが笑顔になれるよう

石崎ひでゆき 公式ページ

0コメント

  • 1000 / 1000