「お願い」から「約束」へ

今までの選挙は候補者から有権者に対し投票のお願いがメインですが、これからの選挙は候補者から何をするかの約束を有権者がどう判断するかがメインになる選挙だと考えています。
候補者の約束とは任期中に取り組む課題に対する解決策であり、より具体的に有権者に示す必要があります。
今春の統一地方選挙から市議会議員もチラシが配布できるようになりますので、僕も政策をしっかり示してまいります。

自分の住んでいる地域の課題解決を誰に託すことが最善であるのか、スローガンや抽象的な政策ではなく、具体的な解決策で一票を投じてほしいと思います。

みんなが笑顔になれるよう

石崎ひでゆき 公式ページ

0コメント

  • 1000 / 1000