再選挙に向けて

昨日、市長選挙の説明会が全日警ホールで行われました。
このホール、元は市民会館でネーミングライツで元市長と関係の深い企業が格安で命名した公共施設です。
そのことは機会があったら書きますが、今回は再選挙のことを書きます。

前回の選挙に立候補した5人の他に1人が説明会現れましたので、再び大混戦が予想されます。
しかし、投票率が下がるのではないかという人もいます。
僕は市民の良心を信じ、上がることを思いたいですけどね。

前回の選挙と今回の選挙、大きく違う点は2点あります。
一つは自民党がゴタゴタして推薦候補を表明していないこと、もう一つは立憲民主党が村越候補支援を表明したことです。
自民党は前回以上に分裂選挙となり、野党は共闘する選挙になりそうです。

そこで考えてほしいのは、自治体の首長が政党の「しがらみ」を抱えていて良いのかです。
仮に分裂している自民党候補や野党共闘候補が勝利した場合に議会はどう対応するか、想像してみてください。
選挙戦の延長戦の政局が続き、議案は否決され、市政の停滞なんてことも考えられますよね。

ちなみに、僕は引き続き高橋さんを応援しています。

正しく頑張った人が報われる社会を目指して

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルページ

0コメント

  • 1000 / 1000