市川でがんばる

高校を卒業しタイヤメーカーの販社就職、一年目は市原市に配属されましたが二年目に転勤で市川市へ。
22歳で脱サラし市川市で自動車部品メーカーを起業し経営者として自社ブランド製品を全国展開。
41歳で市川市議会議員選挙に立候補し初当選。
その後、政治に専念するため所有株式を売却し代表取締役を退任。(20年間)
45歳で二期目に挑戦するも落選、充電期間に突入し短大に入学。
46歳で参議院議員の公設第一秘書に就任。
停滞する市川市政、混乱する市川市議会を大改革するため、今年の1月に公設第一秘書を辞め地元で政治活動を再開。
47歳で短大を卒業し大学へ編入。

市川市議会議員に欠員が生じ、11月19日に告示される市長選挙と同時に市議会議員補欠選挙が行われることが決まり立候補を決意しました。←今ココ!

改革する保守として!

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルブログ

0コメント

  • 1000 / 1000