政局より政策

「政局より政策」という話をよく聞くが、マスコミは間違いなく「政策より政局」をよく報道している。
例えば憲法改正について、「改憲」と「護憲」の2つに部類し、改憲派をタカ派に分類し護憲派をハト派に分類したがる。
日本の平和憲法の理念は素晴らしいが、終戦直後の米占領下で制定された憲法を改正し時代に合った憲法に改正することはタカ派でもハト派でもないと思う。
憲法改正を政局にすることなく、憲法のどこをどう変えたいか、政策で判断するべきだと思います。

憲法改正は憲法9条がハードルになっていることは明らかなのだから、その点を一度棚上げし憲法9条を触れずに改正することで改正へのアレルギーを払拭することも検討する必要があると考えます。

憲法改正について書きましたが、地方自治体の議員が憲法改正の議論に直接参加できるわけではありませんので、僕の憲法に対する考え方として捉えてください。

新しい市川へ

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルブログ

0コメント

  • 1000 / 1000