共産党推薦の暴力候補

選挙戦5日目の6月15日の19時頃、共産党の推薦するヤブ内好候補から暴行を受けたので習志野警察署に被害届を提出し受理されました。

西尾けんいち市長候補が津田沼駅北口で街頭演説をしていると、あとからヤブ内候補の選挙カーが助手席に本人を乗せて大音量で乱入。
通常はエールの交換をするのが一般的ですが、ヤブ内候補はエールの交換ではなく演説の妨害を行ってきました。

その他、西尾けんいち事務所の選対責任者とは場所の調整したと僕に主張。
僕が責任者なのに平気で嘘をつくのには驚かされました。

嘘がばれたあと意味不明の言い訳。

その後、候補者や支援者から暴行を受けたので警察に被害届を提出し受理されました。

口では平和といっていても実際は暴力をふるうのが共産党の本当のなんです。
恐ろしいですね。

正しく頑張った人が報われる社会を目指して

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルページ

0コメント

  • 1000 / 1000