都議会の混乱

東京都に劇場型選挙を持ち込み都知事選を圧勝した小池知事が率いる都民ファーストの会が誕生し、7月の都議会議員選挙を前に都議会が大混乱している。

大人気の小池都知事との連携を選んだ公明党は自民党と決別しているが、国政では連立政権を維持しているため国と東京でねじれが起こっている。
もし衆議院が解散になり小池新党が誕生した場合に、公明党はどう動くのだろうか。

急激に支持率が低下している民進党から公認候補として7月の都議選に立候補を予定していた議員が次々に離党し、野党第一党の崩壊が東京から始まった。
そもそも民進党は、自治労に支持されていた民主党に、公務員制度改革を主張していた旧みんなの党の江田グループと旧維新の党の松野グループが合流してでにきた政策よりも選挙優先で結集した選挙互助会ですから無理もありません。
民進党の終わりのはじまりかもしれませんね。

改革する保守として!

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルブログ

0コメント

  • 1000 / 1000