受動喫煙について考える

煙草を吸う人と吸わない人が対立していたら受動喫煙対策が先に進まないですね。
吸わない人の権利を守るには吸う人の権利を確保してあげることが重要だと思います。

例えば公共施設では原則全面禁煙とするが、民間施設も原則禁煙だが、分煙または喫煙を可能とする。
民間施設でも病院などは全面禁煙とし、分煙とする場合には厳しい基準を設ける。
喫煙を可能とする施設は小さな飲食店等が対象となるが、喫煙を前提とする施設である旨を利用者に対し事前に告知できるよう対策を講じれば問題はない。

簡単にいえば人の迷惑に
なる場所では禁煙だが、喫煙者が集う場所も確保する。

全ての人が暮らしやすい環境を!

改革する保守として!

元 市川市義会議員 石崎ひでゆきオフィシャルブログ

0コメント

  • 1000 / 1000