石崎 ひでゆき

元 市川市議会議員です。

記事一覧(87)

自らの立ち位置

僕の立ち位置は改革する保守。政治家として所属していた「みんなの党」が解党してからは、どこの政党にも所属していません。希望の党が結党した時には期待をしましたが、衆院選の直前に民進党議員を大量に受け入れたことで希望は失望へと変わりました。しがらみのない政治、市民目線の当たり前の政治を目指し、行政改革に全力で取り組むことであり、政策実現こそが僕の使命です。僕が掲げた政策を実現するには、議会で過半数を超える同志を集めるか、テコの原理で政治を動かす方法があります。現時点で過半数を超える仲間を議会に送り込むことは難しいことから、テコの原理を駆使して政治を動かすことを目指しています。だから、誰とでも政策協議を行います。政策一致ができたら選挙協力を行うことに何の障害もありません。今回の市長選挙は残念な結果となりましたが、確実に政策の理解は深まっていると確信しています。高橋さんや坂下さんと一緒に活動したことで、多くのことを学ばせていただきました。これからも政策一致ができるなら、協力して活動していきたいと思います。最後になりますが、村越新市長、ご当選おめでとうございます。48万市川市民のために頑張ってください。ご活躍をご祈念申し上げます。

新しい市長へ

おはようございます。人の選挙直前になるとバタバタしてしまい、ついついブログの更新を忘れてしまいます。再選挙になった市川市長選挙は、一番政策力のある高橋亮平候補をサポートします。昔から言われていますが、政策通は選挙に弱い。高橋亮平さんも、政策通で選挙は弱いタイプ。選挙は弱いといっても、市議会議員選挙なら問題なく当選する実力はあります。しかし、首長選挙となると選挙に強くないと厳しい戦いを強いられることになります。それに、利権が絡むので敵対する陣営から執拗な嫌がらせを受けるなんてこともありますので、精神力の強さも必要なんです。火のないところに放火をして煙を立てるなんて手法で候補者を貶めるなんて日常茶飯事ですから、先の市長選挙でも複数の候補者に複数の怪文書が出回り唖然としました。この怪文書ですが、全てがフィクションでは信憑性にかけるので一部ノンフィクションを混ぜるのがコツだそうです。ちなみに僕がサポートする高橋亮平候補は一度も怪文書が出回らないクリーンな政治家。お金や女性問題には縁のない方です。新しい市長はクリーンが一番だと思うんですよね。そうでないと、役所の中を大掃除できない。新しい市長には市川市の大掃除をお願いして、新しい市川市をつくってもらいたいと思っています。独り言市川市の議会はゴタゴタして、派閥乱立状態が続き市長選が代理戦争にも見えてしまいます。